4話 先っちょ、挿入れちゃってもいいですか?

4話のネタバレ

クリトリスの刺激でオマンコがヒクヒクと反応する。たまらず指を2本ゆっくりと呑み込ませる。

 

「はんんん」

 

中は生暖かく、かなりグチョグチョに濡れている。

 

グチュグチュグチュ

 

ゆっくりとピストンを始め気持ちのいい場所に指をあてる。

 

「あ、あ、あ、んん、はん」

 

主人とはしばらくセックスレス

 

グチュグチュグチュ

 

勢いよく指をピストンし始めた。

 

「あ、ひぃぃ、はぁん、ああ、だめ、んん」

 

「で、も、主人、の、事、愛、して、ます、うう、んん、はぁん」

 

オマンコに2本の指を入れてきてピストンを始める

 

「きゃぁあ、はぁ、んん、そん、なの、むり、だよ」

 

ぷっくりと勃起した雪菜の陰核に触れると、雪菜の息遣いは次第に荒くなっていく。

 

「はああぁぁぁ……」

 

すると、クソオヤジは勃たたいちんこを雪菜の蜜壺に挿れたいと。

 

当然、拒否する雪菜だが、

 

クソオヤジは言葉巧みに言ってくる。

 

亀頭が雪菜の蜜壺にぬるっとハマった。濡れた膣壁が竿を滑り、さっきちょだけが入っていく。

 

雪菜目を大きく開け、まさかの行為に何もできなかった。

 

ただ、言えるのが

 

このクソオヤジのちんこが雪菜のおまんこに入っているのだ。

 

4話はここまで

無料お試し読みはこちらでクリック

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック



「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて!」をコピペして検索してください。

次話はこちらから→5話へ

4話の感想

 

雪菜の感じている表情は美しいです。

 

特に、クリトリスを責めているときの雪菜の身体がビクビクして感じているところはエロいです。

 

そして、雪菜の赤色の下着を脱がして、床に置いてあるところはリアリティを感じている

 

雪菜の両足を大きく広げれ、おまんこが露わになり、閉じようにも閉じれない恥ずかしい格好になっている姿は読者の皆さんも挿れたくなる。

 

本当にこんな人妻がいたら最高であるし、このクソオヤジみたいな同じ行動をするかもしれないね(笑)

 

カラーで見やすくリアル感がでるるこのエロまんがは私個人は最高である。

無料お試し読みはこちらでクリック

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて!」をコピペして検索してください

1話¥64でお手頃価格です。

9話配信中です。

 

1話 もうやめて…!火遊びの不倫SEXで陥落する生意気人妻

2話 肌に触るだけだから…オヤジの罠にハメられて

3話 暴かれたカラダ、この私がイかされるなんて…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です