3話 暴かれたカラダ、この私がイかされるなんて…

3話のネタバレ

赤色のブラとショーツ

 

普段の生活では決して縁がないような装いである。

 

肌は触ってもいいけど胸は・・・

 

指先が、ブラに直接触れた。それだけで、雪菜は肉体に妖しげな震えが走ることを感じた。

 

ブラ越しに雪菜の乳房をつかみ、情熱的に愛撫する

 

すると、ブラの上から乳首を摘まんでいた。

 

乳首から湧き上がる心地よさが全身に広がっていく

 

今まで感じたことのないような大きな快感に膨らんでゆく。

 

雪菜は乳首の堅さと快感が比例することは知っていたが乳首がここまで勃起することは知らなかった。

 

すると、オヤジの指がパンティーのクロッチ部分に・・・

 

「そこは・・・そこはダメ」

 

必死にオヤジの手を握り、手をどかそうとする雪菜。

 

男の手の力には勝てない。

 

的確にクリトリスを軽く指でトンとノックされた。

 

やわやわと私のクリトリスを包皮の上から撫で始めた。

 

触れるか触れないか程度に周囲を指一本で撫で続ける。

 

「・・・ん・・・・あっ・・・・」

 

全身の神経がそこにあるみたいに、触られるたびに腰がびくびく震える。

 

クソオヤジはクリトリスを触った手の匂いを嗅いでいた。

 

欲求不満の人妻雪菜の匂いが指にこびりついている。

 

甘い香りと酸味のきいた何とも言えない味である

 

指にクソオヤジの唾液を加えて、

 

雪菜のパンティーの中に手を入れた。

 

感じない雪菜のおまんこはヌルヌル状態でる。

 

そして、雪菜の大きさなったクリトリスを摘まんでいた。

 

んあっ、やっ、」

 

刺激すれば勃起して大きくなるクリトリス

 

片方の指で包皮を剥かれ、根元までむき出しになったクリトリスをつんつんと濡れた指先で触られる。

 

恐らく充血しているであろうそこを蜜にまぶした指でにちゃにちゃと音をたてくるくると撫で回す。

 

目に涙が溢れ、足ががくがくしていた。

 

「んんっ、・・・あっ、」

 

「ああああああああぁぁっ、」

 

さらに男は右手の人差し指をマンコに差し入れながら、無理矢理に剥かれたクリトリスを責め立てた。

 

「ウソッ」

 

汚いおじさんの手でイカされた。

 

身体が小刻みに震えて止まらない感覚である。

 

3話はここまで

無料お試し読みはこちらでクリック

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック



「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて!」をコピペして検索してください。

次話はこちらから→4話へ

3話の感想

クソオヤジの愛撫が最高である。

 

乳首を摘まんでるシーンは、俺も摘まみたい思うくらい興奮しました。

 

このオヤジは多分臭いフェチである。

 

雪菜のおまんこを触って、その指の匂いを嗅いでいるところは、

 

雪菜が本当に恥ずかしそうにしている描写が何とも言えない位興奮しました。

 

生意気な女性が、恥ずかしい事をされるとメチャ女の顔になるよね。

 

それが、溜まんなくエロいんだよね。

 

これは、見ないとわからない描写。

 

きっと読んでいるあなたもここで抜けるよ。

 

カラーで見やすくリアル感がでるるこのエロまんがは私個人は最高である。

無料お試し読みはこちらでクリック

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて!」をコピペして検索してください

1話¥64でお手頃価格です。

9話配信中です。

 

1話 もうやめて…!火遊びの不倫SEXで陥落する生意気人妻

2話 肌に触るだけだから…オヤジの罠にハメられて