2話 肌に触るだけだから…オヤジの罠にハメられて

2話のネタバレ

 

旦那と3年もしていないことをいつの間にか話していた。

 

お酒を飲みすぎたとは言え、後悔している。

 

もうこの男と一緒にいられない。

 

「帰ります。」と席を立つ雪菜

 

しかし、飲みすぎたせいか、足がもつれて倒れそうになる。

 

その時、汚いオヤジが支えて間一髪倒れなくて済んだが、倒れるのに防ぐために支える手が胸に触れていた。

 

下心丸見えのこのクズ男。

 

生意気な雪菜は身体目当てとズバリ聞いた。

 

すると、そのオヤジは土下座して「その通りです」

 

しかし、「勃たないんです。ストレスで、でも、奥さんが綺麗過ぎて,せめて奥さんの綺麗な肌を触るだけでいいのでお願いします。」

 

情けないオヤジである。

 

みっともない態度に辺りのお客は引いている。

 

しかし、こんなに必死に求められることは久しぶりである。

 

夫は同じベットにねても背中を向いて寝ている。

 

仕方なく了承した。

 

土下座のオヤジは頭を下げながら口元がニヤッとしていた。

 

何か企んでいるみたいな感じであるが、雪菜はわかっていない。

 

ラブホに着き、雪菜は赤い下着姿になっていた。

 

下着姿の雪菜は想像以上にセクシーである。こんな格好を生で見たら誰もが勃起するはずである。

 

しかし、クソオヤジはEDである。

 

余裕な雪菜は、

 

「全く感じないから、いくら触ったところで反応しないから!それでいいわね!」

 

 

汚いオヤジは触るだけで十分ですあると

 

雪菜の綺麗な足を触ってくる。

 

つるつるの肌がとてもきれである。

 

触られている間、雪菜の頭の中は、夫とのセックスの事だ

 

夫だけ精子を出して終わっているが・・・

 

夫には気持ちよかったと嘘をついているが実は満足していない。

 

あれから3年も経っている。

 

こんな男とラブホで身体を触られているとは情けない。

 

オヤジは雪菜の後ろに回り、後ろからブラジャーの上からおっぱいを揉み上げた。

 

ビックリした雪菜は固まってしまった。

 

2話はここまで

無料お試し読みはこちらでクリック

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック



「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて!」をコピペして検索してください。

次話はこちらから→3話へ

2話の感想

赤い下着が印象的である。

 

凄くエロくて官能的である姿だ。

 

少し酔っぱらった表情が何とも言えないセクシーさを出している。

 

カラーで見やすくリアル感がでるるこのエロまんがは私個人は最高である。

無料お試し読みはこちらでクリック

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて!」をコピペして検索してください

1話¥64でお手頃価格です。

9話配信中です。

 

1話 もうやめて…!火遊びの不倫SEXで陥落する生意気人妻