16話 熱帯夜の濃厚SEX、暗い安宿に誘われて

16話のネタバレ

 

雪菜は久しぶり旦那とデート。

 

ホテルの最上階のレストランでシャンパン片手に飲んでいた。

 

でも、雪菜の心はそこにあらず。

 

旦那から褒め言葉が連発しても反応が鈍い。

 

でも、雪菜のアソコは何だかモジモジしている。

 

あの感触が忘れられない。

 

折角の高級レストランだが、

 

雪菜の携帯に・・・

 

それはあの汚いおじさんからだ。

 

旦那にバレないように部下がミスをしたと言ってその場を離れた。

 

旦那は不審に思わないのが不思議だ。

 

タクシーで指定した場所に着くと

 

ちょっと治安良くないエリアだ。

 

その近くのホテルにあの男がいると、

 

しかし、そこはホテルというよりおんぼろ宿である。

 

こんなところで?

 

しかし、雪菜は中に入り、薄っぺらの布団が敷いてある部屋に

 

クーラーもない部屋、うちわ片手で待っていたのがあの汚いおじさんである。

 

まさか・・・

 

こんな汚い場所で・・・

 

 

16話はここまで

無料お試し読みはこちらでクリック

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック



「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて!」をコピペして検索してください。

次話はこちらから→17話

16話の感想

 

アノ汚い宿で雪菜は我慢できるのか?

 

そこまでしてあの汚いおじさんと寝たいのか?

 

相当、おじさんのテクニックにハマったのだろう。

 

旦那とのデートの時のテーブルの下のアングルで

 

太股がザワザワしている仕草が、エロっぽいよね。

 

雪菜のおまんこが疼いていたのだね。

 

雪菜の身体はあのおじさんの地獄の責めに馴染んでいたのだね。

 

カラーで見やすくリアル感がでるるこのエロまんがは私個人は最高である。

無料お試し読みはこちらでクリック

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて!」をコピペして検索してください

1話¥66でお手頃価格です。

18話配信中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です