イキ狂う人妻「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」ネタバレ、無料お試し読み情報

こんにちは。

 

熟女のエロまんがが大好きな汚いおじさんです。

 

今回紹介するエロまんがは熟した女の火遊びが飛んでもないことに展開する。

 

このエロまんがフルカラーだから興奮も倍増する。

 

作者:葵抄(携帯コミック中心に漫画を描いている先生)

掲載誌:むっちりプルコミ

出版社:Bevy

 

無料お試し読み

クリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

登場人物

雪菜(主人公) 結婚6年、たかしとは少しづつ距離が・・・夫のセックスでイッたことがない。
たかし(雪菜の夫) 淡白で自分だけ射精して、満足する夫
しょぼくれたおやじ おとなしそうなオヤジだが、実は・・・
姫野ヒナ 雪菜の後輩、雪菜に叱られているドジなOL でもまさかあのおやじと知り合い?

 

あらすじ

 

「クリトリスがビンビンに勃起してますよ。奥さん、そうとうタマってたんですねぇ」

 

結婚して6年目。

 

夫とすれ違いばかりの生活に寂しさを感じる雪菜、夫への当てつけでついつい出会い系に登録してしまう。

 

そして、やってきたのは冴えないオヤジだった。しかし、必死に口説かれ酔っ払った勢いもあって、肌を触らせてやるだけのつもりで、ついついホテルへ

 

ちょっとした火遊びのハズだったのに、肌を這い回る指は下着の中にまで伸びてきて…。

 

アソコをグチュグチュと音を立てて弄られたら、いやらしい汁がどんどん溢れてきちゃう

 

執拗な愛撫で何度も何度も絶頂まで導かれたカラダは、少しの刺激でも簡単にイくようになってしまい…。
「奥さん、朝までたっぷり嬲ってあげますね」

無料お試し読みはここをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

1話の見どころ

もうやめて…!火遊びの不倫SEXで陥落する生意気人妻

 

すれ違いの夫婦

 

欲求不満がイライラに・・・

 

月に1度のデートも仕事でダメに

 

寂しく1人で食事をする。

 

男女問わず、1人の食事の時、大抵の人はスマホを見ながら時間を過ごす。

 

そこに、主婦デートクラブというサイトだ。

 

夫への仕返しのはずが・・・

 

酔って余計な事を話していたことがきっかけでホテルに

 

それは、初めての快楽の世界の入口とは雪菜は思っていなかった。

 

感じるはずない。しかし、何かが違う。身体が火照ってくる感覚、アソコが熱くなる感覚、

 

全てが初めての感覚である。

 

1話を詳しく知りたい人はこちらにクリック

↓  ↓  ↓

1話のネタバレ

 

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

 

2話の見どころ

肌に触るだけだから…オヤジの罠にハメられて

 

酔った雪菜はなぜか夫の営みの不満を言っていた。

 

飲み過ぎてそこまで言ったとは?

 

つまらない人と飲むと会話がないからお酒を飲み過ぎる事があるよね。

 

雪菜も同じ事だ。

 

それに、絶対身体目当てのじじぃだ。

 

しかし、このじじぃはEDである。

 

そうそれは、ちんこが勃たないのだ?

 

触ってくれない旦那とは違い、久々の瞬間だが、セックスの対象ではない。

 

雪菜は男の手で感じない身体であると自意識過剰ではあったが・・・

 

完全にクソオヤジのペースにハマってるのがわからない。

 

2話を詳しく知りたい人はこちらにクリック

↓  ↓  ↓

2話のネタバレ

 

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

 

3話の見どころ

暴かれたカラダ、この私がイかされるなんて…

 

下着のうえから胸を触られている。

 

ニヤッとしたオヤジは完全にさっきの事は芝居であった。

 

2人きりになればこっちの勝ちだ。

 

泣こうがわめこうが、このオヤジの好きなようにやられるだけだ。

 

ラブホであるから、声も漏れる事はない、

 

万が一漏れても、きっとなんかアブノーマルなプレーをしていると思ってるはずだ。

 

そんな事までは考えていな雪菜は、微妙に身体が反応している。

 

夫とのセックスは淡白で、愛撫も簡単に終わらせ、挿入して自分だけ満足している。

 

しかし、このクソオヤジの手は違っている。

 

何とも言えないこの感触。

 

身体を触られているだけで鳥肌がたってくる。

 

ここからエロさが本格的になってくる。

 

 

3話を詳しく知りたい人はこちらにクリック

↓  ↓  ↓

3話のネタバレ

 

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

4話の見どころ

先っちょ、挿入れちゃってもいいですか?

 

敏感なクリトリスをせめらている。

 

このクソオヤジは本当はテクニシャンであるのでは、

 

女性の感じるところを的確に触っている。

 

親指でおまんこから溢れ出る液を慰撫するなんてすごいよね。

 

包皮がめくれ、敏感な陰核に、舌先を尖らせ、重点的に舐めまわす。これは、オヤジの普通のテクニックだが、若い夫婦はこんなことしないんだろうね。

 

身体は小刻みに揺らぐ。押し寄せる快感に身を捩る雪菜の額には、うっすらと筋がたっていた。

 

 

こんなに敏感な人妻は滅多にいないかも?

 

 

まだまだ未開発な身体だから責めごたえがあるかも

 

最高に抜けるシーンがありすぎだ。

 

4話を詳しく知りたい人はこちらにクリック

↓  ↓  ↓

4話のネタバレ

 

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

5話の見どころ

奪われた貞操、ダメなのに感じちゃう

何と言っても雪菜の感じていないと訴えている表情が見どころだ・

 

これがすべてである。

 

唇を咬んで、目に涙を浮かべている表情は最高である。

 

それもカラーだからエロさが10倍になる。

 

クリトリスにあたったクソオヤジのちんこの瞬間、

 

身体がビクビク震えて顔を紅潮させているところも最高のシーンだ。

 

とにかく、読んでみる価値あります。

 

久々のヒットです。

 

5話を詳しく知りたい人はこちらにクリック

↓  ↓  ↓

5話のネタバレ

 

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

6話の見どころ

朝までたっぷり嬲ってあげますね

 

クソオヤジの汚い手、臭い舌

 

全てが拒否反応であるが・・・?

 

雪菜の身体は感じている。

 

当然、先っちょだけのちんこだけでは満足できないが、そこはクソオヤジのテクニックにまけた雪菜

 

おれもこのクソオヤジのテクニックを学びたいな!

 

確実に言えるのがクリトリス責めだね。

 

若い人はこれを読んで彼女に試したら?

 

潮吹きするかもね。

 

6話を詳しく知りたい人はこちらにクリック

↓  ↓  ↓

6話のネタバレ

 

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

7話の見どころ

 真夜中の廊下で獣のように交わって

 

やっと解放された雪菜

 

愛液まみれの赤のパンティーを手洗いする。

 

洗いながらあの悪夢を思い出す雪菜

 

そこに、酔っぱらった旦那が帰宅。

 

雪菜はあの事を忘れるために旦那を欲しがっている。

 

何とも愛おしい表情である。

 

本当に勃起した旦那のちんこが欲しがっている。

 

そのちんこで何もかも忘れさせてほしかった。

 

それと同時に、久しぶりのセックスを感じて見たかった。

 

真夜中の玄関先の廊下でのセックスが響きわたっている。

 

7話を詳しく知りたい人はこちらにクリック

↓  ↓  ↓

7話のネタバレ

 

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

8話の見どころ

お願い…奥まで突き上げて欲しいの!

 

旦那のちんこが最高である。

 

愛のあるセックスは気持ちが入る・・・

 

でも、いつものように旦那1人でイってします。

 

飲みすぎだからと言い訳する旦那のちんこを

 

雪菜が精子と愛液まみれの萎えたちんこを咥え始めた。

 

一生懸命に旦那のちんこを舌で這い、カリを舌先で舐めて、

 

何とかもう一回勃起してもらって、激しく突いてイカせてほしいと思い。

 

何かに取りつかれたように一心不乱でちんこ舐め上げていた。

 

これが、最高にエロく

 

人妻の魅力が伝わってくる。

 

 

8話を詳しく知りたい人はこちらにクリック

↓  ↓  ↓

8話のネタバレ

 

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

9話の見どころ

おくさん、いいトコロにお勤めですね

 

折角、フェラチオで勃起したちんこ

 

騎乗位で必死に上下に腰をふる雪菜。

 

もう少しであのエクスタシーが蘇る。

 

もう少し

 

頑張って

 

しかし、雪菜の期待に堪えられない旦那は、またしても自分だけ射精してイってしまった。

 

イカされない雪菜は当然欲求不満である。

 

また、いつものように・・・

 

クソオヤジの事が記憶に薄れてきているが、身体はまだあの快楽を覚えている。

 

いや、忘れられないだろう。

 

それには、旦那との愛のあるセックスで満たしてもらうしかない。

 

オフィスで廊下を歩いていると

 

派遣の清掃員が掃除をしていた。

 

すると

 

「お・く・さ・ん」

 

聞いた覚えのある声だ。

 

まさか・・・

 

9話を詳しく知りたい人はこちらにクリック

↓  ↓  ↓

9話のネタバレ

 

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

10話の見どころ

 もう止めて…非常階段で股間をねっとり舐め上げられて…

 

まさか、オフィスであのクソおやじが

 

非常階段に連れ込み、階段に座らせ、黒のパンティーを脱がし、

 

すかさずおまんこにクンニをするクソオヤジ

 

あの舌がまた襲ってくる。

 

こんなクソオヤジに舐められて感じる自分がいる。

 

会社内だから大声が出せない。

 

クソオヤジの執拗なクンニに我慢できない。

 

それも、雪菜の一番感じているところを狙って舐めて、指をを入れて好き放題するクソオヤジ。

 

非常階段はびしょ濡れの状態である。

 

気持ちよくないと自分に言い聞かせているが、

 

身体が小刻みに震えている。

 

それを見ているクソオヤジは嬉しがっている。

 

自分の舌で雪菜が感じているのだから嬉しい筈だ。

 

このオヤジは一体何者なんだろう。

 

10話は雪菜の切ない表情が魅了的である。

 

これだけで抜ける(笑)

 

10話を詳しく知りたい人はこちらにクリック

↓  ↓  ↓

10話のネタバレ

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

11話の見どころ

半勃ちしたの…挿入れさせてもらえます?

生殺し状態の雪菜。

 

あのクソオヤジのテクニックでイキたい・・・?

 

そう思ったのか?それとも身体が自然に動かせたのか?

 

どっちにしろ、あの非常階段に・・・

 

そこでのクソオヤジの愛撫が雪菜の身体に火をつけた。

 

乳首が異常に立っている。

 

乳首を摘まむだけで足がガクガクするほど感じているのだから

 

まさかの、先っちょだけの約束でのセックス。

 

でも、今回は違う。

 

一体どうなるのだろうか?

 

是非、見てください。

 

エロさが満載してます。

 

抜けますよ(笑)

 

11話を詳しく知りたい人はこちらにクリック

↓  ↓  ↓

11話のネタバレ

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

12話の見どころ

残業中、おじさんの舌技でイジメて欲しいの…!

雪菜が乱れている。

 

生意気な奥さんがクソオヤジのテクニックで落ちた。

 

中出し迄されてしまうが、その精液がおまんこに入ってくる感覚がたまらない。

 

もう、雪菜はあのクソオヤジのテクニックがわすれられないようだ。

 

そこに、今度は雪菜の後輩の姫野が登場。

 

まさか、あのクソオヤジと知り合いとは・・・

 

それに、あのクソオヤジの舌技を求めている姫野。

 

一体、どんな過去があったのか期待した。

 

早く次話が読みたいし、乱れた姫野が早く見たい。

 

12話を詳しく知りたい人はこちらにクリック

↓  ↓  ↓

12話のネタバレ

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

13話の見どころ

こんなにお潮吹いちゃうなんて、溜まってたんですねぇ?

姫野とのあの汚いオジサンとの関係があるのか?

 

毎日の深夜残業。

 

これはブラック企業だよね。

 

広いオフィスで若い女性が1人で残業。

 

そのオフィスの中がまさかのセックス現場に

 

それも、デスクの上で乱れている姫野

 

この乱れた姫野がまた可愛い

 

可愛い顔してる姫野おまんこを責めるあのオヤジ

 

姫野性感帯を知り尽くしているようなオヤジ

 

一体どういう関係なんだ

 

13話を詳しく知りたい人はこちらにクリック

↓  ↓  ↓

13話のネタバレ

 

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

14話の見どころ

しなびた先っぽを擦り付けられて、アソコがヒクヒクしちゃう

 

とにかくエロい姫野の身体

 

ガクガクした身体がいかにも気持ちいい感じ

 

こんな可愛いOⅬ姫野となんで汚いオジサンがマッサージでいかせるんだろう。

 

グチョグチョになっている姫野が逆に可愛らしく感じる。

 

14話を詳しく知りたい人はこちらにクリック

↓  ↓  ↓

14話のネタバレ

 

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

15話の見どころ

電話中に挿入ってる!?焦らすように嬲られて…

しなびたちんこが姫野のおまんこに・・・

 

でも、ちんこはちんこは

 

ちんこが立たないがなんであれ、おまんこに挿いれば同じだ。

 

それも、汚いオジサンの愛撫で身体が反応しているのだから

 

なんでもおまんこに挿れば感じるはずだ。

 

その時の表情は本誌で見てください。

 

抜けますから(笑)

 

15話を詳しく知りたい人はこちらにクリック

↓  ↓  ↓

15話のネタバレ

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

16話の見どころ

熱帯夜の濃厚SEX、暗い安宿に誘われて

12月13日発売予定

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

17話の見どころ

汗かいてるから…汚いところ舐めちゃダメぇ

12月13日発売予定

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください

 

18話の見どころ

あなた…ごめんなさい、今日で絶対に終わりにするから

12月13日発売予定

直ぐに読みたい人はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「この私が汚いオジサンで朝までイかされるなんて」をコピペして検索してください